明日はいよいよ契約です。
重要事項説明書と契約書を事前に送って頂きチェックしました。
固定資産税の起算日が4月1日になっており、1月1日起算日の
方が有利なのですが、仲介業者さんが1月1日起算日の処理に
慣れてない為そのままで良しとしました。



また売主さんが個人で消費税の課税事業者ではない方でしたので
建物価格の割合を大きくして頂く事は出来ました。



売買契約書に建物価格、土地価格が明記されていない場合
合理的な方法で按分する必要があり
固定資産税評価額を使って按分する方法が一般的です。



売買契約書に明記があればその建物価格にしたがって減価償却
が可能になります。(建物価格の根拠は必要)



ただし減価償却費の金額が大きい程、売却時の簿価が少なくなって
売却益が出やすくなります。



今回の物件は長期保有の予定ですので保有期間中の手残り
多い方がいいと判断し、めいっぱい減価償却費がとれる様
建物価格が大きくなる様交渉しました。



不動産投資 ブログランキングへ