FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

タグ:日本政策金融公庫




日本政策金融公庫との面談で分かった前回融資金利が安くなった理由。

1 有担保であった事 (第一順位の根抵当権)
2 
セーフティネット貸付であった事

-----------------------日本政策金融公庫HPより転載-------------------------------------

ご利用いただける方

社会的、経済的環境の変化等外的要因により、一時的に売上の減少等業況悪化をきたしているが、中長期的にはその業況が回復し発展することが見込まれる方で、次のいずれかに該当する方。
  • 最近の決算期における売上高が前期または前々期に比し5%以上減少している方
  • 最近3ヵ月の売上高が前年同期または前々年同期に比し減少しており、かつ、今後も売上減少が見込まれる方
  • 最近の決算期における純利益額または売上高経常利益率が前期または前々期に比し悪化している方
  • 最近の取引条件が回収条件の長期化または支払条件の短縮化等により悪化している方
  • 社会的な要因による一時的な業況悪化により資金繰りに著しい支障を来している方または来すおそれのある方
  • 最近の決算期において、赤字幅が縮小したものの税引前損益または経常損益で損失を生じている方
  • 前期の決算期において、税引前損益または経常損益で損失を生じており、最近の決算期において、利益が増加したものの利益準備金及び任意積立金等の合計額を上回る繰越欠損金を有している方
  • 前期の決算期において、税引前損益または経常損益で損失を生じており、最近の決算期において、利益が増加したものの債務償還年数が15年以上である方

----------------------------------------------------------------------------------------------------


不動産賃貸業において新規物件の購入を毎年されている方は売上の減少
は入居率がよほど悪くならない限り考えられません。
どの条件に当てはめて適用されているのかはわからないのですが
とくに裏付ける資料の提出は求めてられていません。
この辺りは担当者判断になるんだと思います。



日本政策金融公庫面談ネタ もう1つあるのですがみなさんの
クリックが多ければ続けたいと思います。
↓↓↓


不動産投資 ブログランキングへ




日本政策金融公庫の面談終わりました。
今回面談の担当者が新しい方に変わりました。
以前の担当者とは会話が一方通行でしたので
今回の新担当者さんはすごく話やすかったです。



結果は5月末から6月頭頃になります。



今回用意した物は

1,所得税の領収書
2,預金通帳
3,支払い明細書(借入金)
4,固定資産税課税明細書、固定資産税の領収書
5,運転免許証
6,今期売上帳票



金利の高い日本政策金融公庫のこちらの残債をまとめてもらう様
交渉しました。



今回の新担当者さんとの面談で前回の金利が安くなった理由が
ようやくわかりました。
続きが読みたい!っていう方は人気ブログランキングをクリック下さい。↓



不動産投資 ブログランキングへ







日本政策金融公庫にリフォーム資金の融資を申込みました。
金額は50万です。
3月に大量の退去に伴いリフォーム費用が一気にかかったのと
4月に所得税、固定資産税1期分の支払いがありました。
さすがにキャッシュアウトが多かったです。



金額は少額ですが手元資金の確保と
既存借入れ部分の実質借り換えを依頼してみたいと
思います。



以前ブログに書いた事もありますが
今回も日本政策金融公庫のおまとめ融資を狙います。



◇ おまとめ融資

日本政策金融公庫・国民生活事業の借入残高を一本化する融資



不動産投資 ブログランキングへ




日本政策金融公庫の事務担当者さんから連絡があり
融資の実行は24日となりました。



1月に入り エアコン故障クレームが1件
退去連絡が4戸ありました。
所有物件は1Rがほとんどですので1月から3月は
特に入れ替りが激しいです。



現在の入居率は 57/59 96%
昨年購入した鈴鹿アパート006は現在満室になりました。



そんな中、不動産業者さんから良さそうな物件情報を1件
頂きましたので調査に行こうと思います。




不動産投資 ブログランキングへ




年末に司法書士さんに依頼してあった
根抵当権の設定が完了しました。



必要な書類は
①根抵当権設定契約書
②登記原因証明情報 
③委任状
④登記簿謄本
⑤司法書士へのご案内文書
⑥㈱日本政策金融公庫の現在事項一部証明書
⑦担保物件の権利書
⑧印鑑証明書



当初抵当権でいこうかと思ったのですが
担保提供する物件が現在メインの地銀、信金のエリア外で
かつ調整区域の物件という事もあり、根抵当権にて設定する事にしました。



これで借入の度に登記する必要がなく登記費用に節約になります。
(日本政策金融公庫の為登録免許税は非課税ですが司法書士さんの
手数料はかかりますので。)




定期的にまとめ融資を利用して年内に他のに日本政策金融公庫の残債を
1%台にしていきたいと思います。



不動産投資 ブログランキングへ

このページのトップヘ