FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

タグ:日本政策金融公庫




日本政策金融公庫の担当者さんより電話がありました。
何となく電話のタイミングが早過ぎるので嫌な予感はしてましたが



やはり今回融資は不可でした。
前回の懸念材料が払拭出来なかった様です。
残債が半分程度になれば検討しやすいと言われましたが
そこまで待つのは現実的ではありません。
時間は有限です。


しかし引き続き機会をみて日本政策金融公庫にはチャレンジしてみようとは
思います。




前回の現地してきた物件ですが、様々な所から問い合わせが
殺到した様です。最近は東京からの問い合わせが多いみたいです。



現在買い付けは通り、融資申込をしている最中です。
本日は急ぎ日本政策金融公庫に面談をしてもらいました。



融資申込書はFAXの上本紙は面談時に持参しました。
ブログには書いてなかったのですが今年2月、去年11月にも
融資の申込をしておりほぼ3か月に1度申込をしている事に
なります。



今年2月、去年11月の結果は融資不可でした。
理由としては借入総額が多い(日本政策金融公庫としての)
融資依存である事。



それでも積算評価が高い事や事業収支(キャッシュ・フロー)が良い
事、
過去実績で融資して頂いた物件が満室稼働している点と
その決算書等はしっかりと説明しておきました。



やれる事はやったので後は結果を待つのみです。




本日は日本政策金融公庫の面談でした。
少額の修繕費でおまとめ融資をお願いしました。
おまとめ融資ってなんぞやって方はこちら



融資が通れば金利が大幅に下がりますので
定期的にお願いしています。



ちょうど前回融資して頂いた物件も満室一歩手前でしたので
タイミングとしてはベストだったかと思います。
大規模修繕した内容についてもプレゼンしましたが
なんと担当者さん現地確認されていて知ってらっしゃいましたね。



新担当者さんになってから話もしやすく、一生懸命取り組んで下さるので
ものすごくやりやすいです。


応援クリックお願いします







明日はネット経由で申し込みした日本政策金融公庫の
融資面談です。
新規物件の購入資金で申し込みます。
購入計画書とキャッシュフロー計算書を作成して
ほぼ出来上がりました。



また今回法人を新規で作って、法人での購入資金融資を
申し込みました。
積算評価>固定資産税評価>購入価格
の物件ですが日本政策金融公庫は担保掛け目が非常に厳しいので
どの程度の評価がでるでしょうか。




不動産投資 ブログランキングへ




本日面談担当者から電話がありました。
どうやら今回の融資はNGの可能性が高いです。
前回の融資から早すぎることが理由の様です。



とは言え決算書が良い方はさらに融資を引けるでしょうし
まだまだという事だとおもいます。



面談担当者からやんわりとNGの電話が来た場合
今まで覆った事はありません。
正式回答は封書で来るのでそのうちくるでしょう。



年内には再チャレンジしておまとめ融資で
低金利固定化を目指したいと思います。


不動産投資 ブログランキングへ






このページのトップヘ