FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

カテゴリ: 融資




日本政策金融公庫の担当者さんより電話がありました。
何となく電話のタイミングが早過ぎるので嫌な予感はしてましたが



やはり今回融資は不可でした。
前回の懸念材料が払拭出来なかった様です。
残債が半分程度になれば検討しやすいと言われましたが
そこまで待つのは現実的ではありません。
時間は有限です。


しかし引き続き機会をみて日本政策金融公庫にはチャレンジしてみようとは
思います。



去年から融資付けで動いていたすごい物件2ですが
年末年始で動きがありました。



2行目の融資打診も融資期間が伸びず断念しました。



その後もう1行 預金取引のみの銀行へ打診してみた結果
こちらも担保評価が伸びずに不可でした。(3行目)



そして今回の物件取得は無理かなと諦めかけていたのですが
だめ元で資料を持ち込んだ

まったく取引の無い銀行、
預金取引のみの銀行

2行の内まったく取引の無い銀行が1か月半程の審査の結果積極的に扱いたいとのお返事を
頂きました。(4,5行目)



内諾を頂けたので購入したい旨を昨年12月に仲介業者さんに
大喜びでお伝えしました。



ところが土壇場になって指値交渉の中で話がついていた売買金額を上げたいと
売主が言いだしたのです。



これには参りました。
すでに内諾を頂いた銀行では指値交渉をした売買金額で事業計画書
を提出していました。



考えた結果売主の要求をのむ事にし、事業計画書の修正と融資希望金額
の変更をお願いしました。



結果昨日担当者が来られて上方修正した融資金額での内諾も頂けました。
無事購入出来れば初めてのRC物件になります。




すごい物件2の2行目の融資も融資期間が伸びず、返済比率が高くなりすぎた為
上手くいきませんでした。続いて別の金融機関にも打診してみます。



さて最近話題になっているふるさと納税
感度の高い方はすでに実践されてらしゃるかと思います。





メリットはあっても僅かなデメリット(2千円は最低かかる)しかありません。
早速私も納税にトライして見ました。



ふるさとチョイスというサイトが便利なので使用しました。
3箇所頼んでみたのですが
三重県尾鷲市
宮崎県都城市
北海道上士幌町を選びました。




このふるさと納税ですが最適上限額というのがありまして
これを計算するのがかなり面倒なんですが
税理士の叶温さんが
とてもいいソフトを出されてらしゃいまして
早速ダウンロードして私も
使用しました。



このソフトのいい所は不動産所得、事業所得、短期譲渡所得、長期譲渡所得
にも対応している所です。給与で試算出来るソフトはあるのですがこれに対応する
ソフトがありませんでしたので不動産投資家にとっては非常に使い勝手が良いです。

先日のすごい物件2の融資をすごい物件1でオーバーローン
で融資可の内諾を頂いた金融機関に打診していたんですが



結果















不可!


案件として担保も十分だったのですが支店決済を超えて本部決済
となる事、1案件としての融資額が大きい事などが不可の理由でした。
かなり期待していたのですがこればかりはどうしようもありません。



しかし諦めずに他行も当たってみようと思います。




地銀の審査結果が、、、、。



間に合いませんでした。
審査期間が2週間しかなかったのですが
どうやら短かすぎて間に合わなかった様です。



結果は月末までかかる見込みとの事でした。
次回もぜひ持ち込んでほしいとの事でしたので
今回の審査は無駄ではなく
次回につながると思います。




今回は日本政策金融公庫にてお世話になります。
担当者にお世話になる旨の連絡を入れました。



このページのトップヘ