FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

カテゴリ: 日本政策金融公庫




本日は日本政策金融公庫の面談でした。
少額の修繕費でおまとめ融資をお願いしました。
おまとめ融資ってなんぞやって方はこちら



融資が通れば金利が大幅に下がりますので
定期的にお願いしています。



ちょうど前回融資して頂いた物件も満室一歩手前でしたので
タイミングとしてはベストだったかと思います。
大規模修繕した内容についてもプレゼンしましたが
なんと担当者さん現地確認されていて知ってらっしゃいましたね。



新担当者さんになってから話もしやすく、一生懸命取り組んで下さるので
ものすごくやりやすいです。


応援クリックお願いします







日本政策金融公庫の担当者より電話があり
今回フルローンにて融資の内諾を頂きました。



購入資金で内諾頂けたのかなり大きい成果だと
思います。
ただ今回地銀にも融資の打診をしており
結果次第で地銀にて融資を受けようと考えています。



これは今後の事を考えての事です。



正直日本政策金融公庫の回答はすごくうれしいのですが
地銀の回答次第でお断りしなければいけません。






不動産投資 ブログランキングへ




日本政策金融公庫の担当者から電話が入りました。
以前のやりとりでは入居率の低さが原因で融資自体が
難しいかもとのお話だったんですが



本日の話ではどうもそれはクリア出来そうな様子でした。
これまで玉砕続きでしたのでまたか、、、。
と思ってしまいましたが少し光が見えてきました。



来週には結論が貰えそうです。



日本政策金融公庫について書かれている書籍で
下記の2冊はお勧めです。著者の実際に受けた
経験談を詳しく記載していますので見られていない方
は見てみて下さい。




不動産投資 ブログランキングへ




日本政策金融公庫さんとの面談終わりました。
前回からあまり間が空いてませんのでさほど
売上はさほど変わりませんが、現在入居率が高い状態を
キープ出来ています(96%)ので
その部分は今回の融資審査に+に働くのではと思います。



購入計画書とキャッシュフロー計算書の説明
担当者さんは現地確認に行かれるとの事でした。
低金利、固定でなんとか融資して頂きたいです。



不動産投資 ブログランキングへ




明日はネット経由で申し込みした日本政策金融公庫の
融資面談です。
新規物件の購入資金で申し込みます。
購入計画書とキャッシュフロー計算書を作成して
ほぼ出来上がりました。



また今回法人を新規で作って、法人での購入資金融資を
申し込みました。
積算評価>固定資産税評価>購入価格
の物件ですが日本政策金融公庫は担保掛け目が非常に厳しいので
どの程度の評価がでるでしょうか。




不動産投資 ブログランキングへ

このページのトップヘ