日本政策金融公庫との面談で分かった前回融資金利が安くなった理由。

1 有担保であった事 (第一順位の根抵当権)
2 
セーフティネット貸付であった事

-----------------------日本政策金融公庫HPより転載-------------------------------------

ご利用いただける方

社会的、経済的環境の変化等外的要因により、一時的に売上の減少等業況悪化をきたしているが、中長期的にはその業況が回復し発展することが見込まれる方で、次のいずれかに該当する方。
  • 最近の決算期における売上高が前期または前々期に比し5%以上減少している方
  • 最近3ヵ月の売上高が前年同期または前々年同期に比し減少しており、かつ、今後も売上減少が見込まれる方
  • 最近の決算期における純利益額または売上高経常利益率が前期または前々期に比し悪化している方
  • 最近の取引条件が回収条件の長期化または支払条件の短縮化等により悪化している方
  • 社会的な要因による一時的な業況悪化により資金繰りに著しい支障を来している方または来すおそれのある方
  • 最近の決算期において、赤字幅が縮小したものの税引前損益または経常損益で損失を生じている方
  • 前期の決算期において、税引前損益または経常損益で損失を生じており、最近の決算期において、利益が増加したものの利益準備金及び任意積立金等の合計額を上回る繰越欠損金を有している方
  • 前期の決算期において、税引前損益または経常損益で損失を生じており、最近の決算期において、利益が増加したものの債務償還年数が15年以上である方

----------------------------------------------------------------------------------------------------


不動産賃貸業において新規物件の購入を毎年されている方は売上の減少
は入居率がよほど悪くならない限り考えられません。
どの条件に当てはめて適用されているのかはわからないのですが
とくに裏付ける資料の提出は求めてられていません。
この辺りは担当者判断になるんだと思います。



日本政策金融公庫面談ネタ もう1つあるのですがみなさんの
クリックが多ければ続けたいと思います。
↓↓↓


不動産投資 ブログランキングへ