鈴鹿市の生活保護者の



住宅扶助の額上限額は33,400円です。



一方現在の鈴鹿市の1kタイプの



アパートは共益費込みで25,000程度で



たくさん見つかります。



リーマンショック以前なら適正な



住宅扶助上限だったのでしょうが



リーマンショック以後の家賃の下落



でかなりの歪みが生じている様です。



一般の賃貸相場より高い住宅扶助上限に



なっているのも生活保護者の増加が



増えている一つの要因ではないでしょうか。




人気ブログランキング参戦中です。現在の順位は何位でしょうか?