5号アパートの引渡しの為



降りしきる大雪の中 銀行へ向かいました。



銀行の立派な応接室に通され



不動産業者の売主様とご対面。



全国の競売に入札されていて



今回の物件は約5年の間に資金を回収されたので売却といった感じです。



右から左へ



残代金や仲介手数料、司法書士さんの報酬等の現金が飛び交う。



滞りなく無事に残金の決済と物件引渡しが終了しました。



売主様より



運営のアドバイスを頂きました。



物件を一番よく知っているのはオーナーであり



管理会社は多くの物件を抱えており自分の物件は



その一部であるという事。



積極的に他社の客付け業者さんに営業すべきで



当然 他社の客付け業者さんも管理 物件を抱えている。



管理物件が優先なのでそれ以外の一般物件の紹介したい上位に



いかにのせてもらうかがポイントとの事でした。



さすがプロの業者さんで



うんうんと共感しておりました。



満室に向けて



色々な対策をしていきたいと思います。