FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

2014年09月




鈴鹿アパート006にて入居者さんより設備のクレームが入りました。
今回エアコンの臭いが酷いので何とかして欲しいというクレームだった
んですが。



大なり小なり中古でお貸ししている以上、臭いは残ります。
入居されて間もない方であったのですがこのようなケースは
微妙な判断になるかと思います。



今回の臭いがひどいエアコンは製造から9年のナショナル製です。



①思い切って新品に交換。
②エアコンをプロの業者に委託して洗浄する。
③そのまま住まい頂く。



みなさんはどう判断されますか?




管理会社の担当者さんがすぐに動いて下さり、現地にて臭いを確認して
頂くと臭いは「ワキガ」レベルだったそうです。内部のカビにゆるものかもしれません。




今回私は①思い切って新品に交換しました。
製造から相応の年数が経っていますし、洗浄でも良かったのですが
今後の耐用年数を考えると交換と判断しました。



臭いに関しては個人差がりますのでケースバイケースでしょうね。









先日買い付けを入れた戸建て物件。カウンターオファーがありました。
そのカウンターオファーに対してすぐに合意。



来週契約を行い来月に決済予定となりました。
キツ目に指値にもかかわらず売主さんの反応もかなり早かったです。
やはり相続物件となると物件に対する愛着や金額に対するこだわりも
薄いのだと思います。



ざっくり表面で22%程。必要最低限のリフォーム工事で仕上げていこうかと
思います。

本日戸建て物件に買い付けを入れました。
相続で取得された物件の為価格が安く昨日問い合わせを
して本日現地調査。



築30年超えの為全体的に古く、手入れが必要でしたが5年程度
賃貸に出して、建物は解体後更地として売却の予定です。



安い価格にさらに指値をしましたので通るかどうかわかりませんが。



収益物件が枯渇していると口々に収益物件を扱っている業者さんからお聞きしますが
出る時にはこういった相場より安い物件が出るもんです。

このページのトップヘ