FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

2014年09月




必殺大家人さんのセミナーに参加してきました。
今回は有料版という事もあり実際所有されている
物件の写真や収支も教えて頂き、セミナー代以上の価値があったと
思います。
2e216105





債権回収のお話では文書の雛形をCDに焼いて配布下さい
まいしたので、すぐに実践出来る内容でした。



また一足飛びに安易にリタイアを目指してカモにされないように
注意されていました。実体験に基づいた内容なので
ものすごく参考になります。



1つまったく知らなかった言葉と実践的な内容も教えて頂いたので
試してみたいと思います。


応援クリックお願いします







本日は日本政策金融公庫の面談でした。
今回
契約の終わった戸建て物件の融資です。



日本政策金融公庫さんはとくにチェックが厳しいです。
すべての通帳をチェックするのは以前からありましたが
今回は総勘定元帳を用意して欲しいと依頼がありました。



法人で1期目の決算が未だでしたので総勘定元帳までは
用意出来ませんでしたので通帳にて代用頂き都度説明
する事で対応しました。これまで総勘定元帳まで求められる
事はなかったのでちょっとびっくりでした。



その後担当者さんは今回の物件の写真をすぐに取りに行かれました。



すごい物件2の方は反応があり、指値は通りませんでした。
売り出してすぐという事もあり、様子を見たいようです。
もう少し売主が弱気になるまで待たないといけません。







昨日のすごい物件1の玉砕の前日に
実はすごい物件2の情報が入ってきておりました。



本日現地調査に行ってきまして空室をすべて確認して
きました。同じ轍を踏みたくなかったので今回は室内の確認
の前に買い付け証明書をFAXしておきました。



一番手のポジションとなりましたので早速前回オーバーローン可の
内諾を頂けた取引金融機関に資料を渡してきました。



なかなか検討ラインにのる物件情報が集められずに苦労していたのですが
なぜか今月は合格ラインの情報が集まってきます。色々と蒔いていた種が
実ったのでしょうか。










先日物件調査に行ってきた物件調査の結果
修繕費込みで採算が合うラインにて買い付けを入れていました。
ざっくり表面で30%
修繕費込みだと20%
問題を複数抱える築古RC物件でした。



実はこの物件の現地調査に時点で既に満額で買い付けが入っていました。
しかも現地調査はせずに。←最近すごく多いです。



2番手のポジションで取引金融機関に審査を依頼しながら
待っていたのですが
内1行は本日オーバーローン可と内諾を頂きました。



そんな中仲介業者さんに1番手の方の様子をお聞きするのと
融資内諾が取れた旨の連絡をしたのですが
1番手の方の融資が通り契約を進める段取りでした。



残念ですが、撤収!となりました。




買い付けが通った名張戸建て008物件の契約が無事終わりました。
決済は来月。
それまでにリフォーム工事の計画を練ります。



スペックは以下の様な物件です。

築32年
94㎡
320万円



修繕は最低でも100万はかかります。
5年程賃貸に出して更地で売ろうかと思っていましたが
売却もありかもしれませんね。



契約が終わってほっとしていたら
すごい物件情報が入ってきました。
明後日に現地調査に行ってきます。

このページのトップヘ