FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

2013年06月




あとほんの少しで終わりますが
大友哲哉さんの
アマゾンキャンペーンの特典がすごく豪華です。
空室対策やるだけムダ! (QP books)
空室対策やるだけムダ! (QP books) [単行本(ソフトカバー)]





アマゾンキャンペーン


●特典2
   「定期借家実務マスター講座」音声ファイル&レジュメプレゼント
を特に楽しみにしています。



早速amazonで注文しました。







先程まで石渡浩さんのWEBセミナーを見ていました。
途中からビジネスセミナーの広告要素が大きかったですが
石渡さんの警鐘されているキャッシュ・フロー編重型
の不動産投資の破綻リスクについては同感です。




例えば10%のRCを30年ローンで購入すれば
キャッシュ・フローは出るでしょうが
低金利であるからこそ現在のキャッシュ・フローを維持出来ている
であって 金利上昇で現在のキャッシュ・フローは
プラスで維持出来るでしょうかという事です。



石渡さんの対応策としては不動産賃貸業とは別に借入に頼らないビジネスを持つ事で
金利上昇リスクに対応しましょうという事です。



私としては地方で投資していますすので高利回り物件を高稼働させる
事があらゆるリスク回避になると考えています。



また先日の日本政策金融公庫融資申込みも金利上昇リスクを出来るだけ回避
したいからです。金利上昇の気配もありますので1%台で借りれる内に借りたい
ですね。

14152



このページのトップヘ