FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

2013年01月




Ipad miniを購入しました。アマゾンのkindle版で購入した書籍を
読む為です。 kindle fire の選択肢もありましたが携帯もiphone
ですので連携が効きますので。



紙の書籍はだんだんと自宅のスペースを取る様になってきまして
これからはkindle版があればすべてこれで購入していこうと
思います。





300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法
300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法


楽しみにしていた加藤さんの本を購入して読んでみています。
IMG_3270



















読んでみると紙の書籍にはないメリットに気づきます。
文字のサイズの調整が効くんですね。
暗い場所でも明るさ調整も効きます。
後は 紙の書籍より若干安い事ですね。
紙 1,575円
kindle版 1,200円



所有欲は満たせないかもしれませんがこれも慣れ
なんだと思います。



不動産投資 ブログランキングへ




日本政策金融公庫の事務担当者さんから連絡があり
融資の実行は24日となりました。



1月に入り エアコン故障クレームが1件
退去連絡が4戸ありました。
所有物件は1Rがほとんどですので1月から3月は
特に入れ替りが激しいです。



現在の入居率は 57/59 96%
昨年購入した鈴鹿アパート006は現在満室になりました。



そんな中、不動産業者さんから良さそうな物件情報を1件
頂きましたので調査に行こうと思います。




不動産投資 ブログランキングへ




年末に司法書士さんに依頼してあった
根抵当権の設定が完了しました。



必要な書類は
①根抵当権設定契約書
②登記原因証明情報 
③委任状
④登記簿謄本
⑤司法書士へのご案内文書
⑥㈱日本政策金融公庫の現在事項一部証明書
⑦担保物件の権利書
⑧印鑑証明書



当初抵当権でいこうかと思ったのですが
担保提供する物件が現在メインの地銀、信金のエリア外で
かつ調整区域の物件という事もあり、根抵当権にて設定する事にしました。



これで借入の度に登記する必要がなく登記費用に節約になります。
(日本政策金融公庫の為登録免許税は非課税ですが司法書士さんの
手数料はかかりますので。)




定期的にまとめ融資を利用して年内に他のに日本政策金融公庫の残債を
1%台にしていきたいと思います。



不動産投資 ブログランキングへ




メガ大家の佐藤元春さんの関西大家の会セミナーに参加させて頂きました。
ボランティアで運営して頂いている
ゴンさんまるこさんにはいつも
感謝の気持ちでいっぱいです。



佐藤元春さんのセミナー 一言でいうと圧倒的なスケールとスピード感です。
本人曰く自分の中ではゆっくりとの事でしたが、、。
フェラーリでサーキットを280キロでぶっ飛ばした後100キロで走ると
遅く感じるそうです(笑)



キャッシュフロー101こと加藤ひろゆきさんから超能力王子
と呼ばれてらっしゃいますが
ネーミングの由来は売り時をピタリと当てている事じゃないかと思います。



所有物件のほとんどを売却された時期があるのですが
キャッシュフローもなくなる為勇気がいると思います。



売り時に一気に売った事で、その後の投資が加速してらっしゃいます。



不動産投資で成功する為のマインドやノウハウが詰まっていて
素晴らしいセミナーでした!



不動産投資 ブログランキングへ




2012年に立てた目標どのくらい達成したでしょうか?



・収益不動産2棟購入(家賃収入200万、キャッシュフロー80万)
→月の家賃収入が約160万になり、完済した借入がありましたので
  キャッシュフローは約70万になりました。


・日本政策金融公庫融資2本完済
→こちらは完済となりました。少し財務内容が改善しました。


・変動金利の借入の一部を固定金利に借り換え
→日本政策金融公庫の固定金利をより低い金利に借り換え
  する事に成功しましたが大部分の変動金利の借入はそのまま
  になってしまいました。


・海外投資の知識習得
→こちらは本からの知識取得が主でした。正直まだまだです。




さて 今年の目標ですが



1、家賃収入5000万



2,日本政策金融公庫のすべての借入金利を1%台にする。



3,借入全体の固定金利の割合を30%以上にする



4,入居率95%を維持



今年もよろしくお願い致します。






不動産投資 ブログランキングへ

このページのトップヘ