FP大家の不動産投資 金持ち父さんになる!

2005年12月より不動産投資をスタート。低属性の自営業者から日本政策金融公庫から融資を受け、不動産賃貸業の規模をゆっくりですが拡大。35歳でアーリーリタイアを実現。

2012年05月





昨日仲介業者さんから紹介を受けた物件



いわゆるメインバンクと先月取引スタートしたばかりの



信金さんの2行に融資を打診しました。



まだ物件自体固まった案件でない為



どう転ぶが全くわかりません。




取り敢えず手元に揃った資料をお渡ししておきました。



やり方次第で面白そうな物件ですので期待してるのですが



融資はどうでしょうか。



今回も古い物件です。



ですので一般的には融資期間を長く取るのに苦戦しそうです。




はじめて1億を超える物件の調査に行ってきました。



結論から言うと



物件としては今後の保有、出口戦略としては



キツイな



構造はRCで物件価格に占める建物の割合が半分程度



で為売却損が出やすい事。



利回りが表面11%程度



融資期間を長く取ってキャシュフローが出たとしても



建物の割合分ガンガン時価が減価していくという訳です。



それ以外にも



大規模修繕が全くされていない事。



外壁塗装、屋上防水、内装リフォーム費用



とんでもない経費が今後掛かってくると予想できます。



それを補って余る程度に安く購入出来れば



もちろんいいのですが売主さんの残債の状況からして



難しそうでした。



そして



仲介業者さんとのやり取りの中で



もう一件おもしろそうな物件があり



みせて頂いたのですが



これがかなりおもしろそうな物件です。




人気ブログランキング応援クリック



今日は昨日問い合わせを入れた物件の



現地調査に行ってきました。



レインズに載っていない物件なのですが



既に一番手の方がいます。



2番手にはなりますが



明日銀行に打診しておこうと思います。



これいいかな~



と思った物件はさすがに足が早いですね。



レインズに載せる前、ネット掲載前に情報を貰える



ポジションにならないといけませんね。




ロバート・キヨサキ来日イベント



事前にタイム・スケジュールが公表されていなかったので



どのタイミングでロバート・キヨサキ氏が登場するのか



わかりませんでした。



2日目の一番最後かなと思っていたら



2日目の最初から登場されてびっくり。



奥様のキム・キヨサキ氏をはじめトム・ホイールライト氏



リチャード・ダンカン氏等 ロバート・キヨサキ氏のビジネスチーム



それぞれからファイナンシャル教育を教わりました。



ロバート・キヨサキ氏の最初の講演での出来事



1971年金とドルの交換が停止された事で



ドルの価値は裏付けがなくなり政府に対する信用に基づいた価値



しかなくなりました。



その事を象徴するかの様にドル紙幣を燃やして見せました。



ドル紙幣を燃やして欲しいと心の中で思っていたら



本当にやってくれたのでびっくりしました。



貨幣自体に価値があると思っている人には



衝撃的な事だと思います。



日本においても国債の増加によって日本円の価値(信用)低下



は明らかで金融機関や個人投資家らが支えています。



銀行に預金している多数の債権者から債務者(国債を発行する日本政府)



への富の移転が近く起きるのではないでしょうか。





不動産投資 ブログランキングへ

ロバート・キヨサキ氏来日イベントWealth Management Expo 2012



1日目が終わりました。



今回のセミナー 講師陣は公表されていますが



タイム・スケジュールが公表されていません。



講演の中で宝くじのお話がありました。



宝くじ売り場で行列をなしているので



よくテレビで見ますが



みなさんは宝くじを買いますか?



宝くじ1億円以上当たった人の95%が自己破産するそうです。



ゼロから資産を築いた人は何回でも資産を築けますが



宝くじが当たった人は資産管理が出来ないので



あっと言う間に消費または浪費してしまうのでしょう。



確かに、「宝くじに当たったらなにに使いますか?」という質問に対して



自宅を買う、車を買うといった答えが多いですよね。



あとジェームス・スキナー氏のセミナーも非常に良かった。



初めて生でお聞きしましたが



どんどん話に引き寄せられました。



世界共通の不動産投資の3つのポイント



やっぱりか~



と一人で納得してました。

このページのトップヘ